So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ブレーキスイッチを交換

141230-095008.jpg
メーターパネル内のEPSとABSの警告灯が点灯した。
今シーズンはシャーベット状の雪道をEPSを作動させながら走ることが多く、センサーエラーかと思い、何度かエンジンをかけ直してみたが、警告灯は消えない。
街角のショーウインドに写して観察するとブレーキランプが点いていない。
ブレーキペダルを何度か強めに踏み込むと、接点が復活したのか、ブレーキランプは点灯するようにはなったが、ブレーキランプスイッチの交換時期のようです。

ブレーキランプスイッチの不具合はスマートのメジャートラブルだし、エンジン始動に関わる重要部品だし、なにより安全が一番大切なので交換をしました。
ディラーでは、原因究明のための点検をしていただきましたが、結局はスイッチの劣化との結論でした。 ちょっと気になるのが、コンピュータにはブレーキエラーの他にも圧力センサーのエラー信号も残っていたそうです。
圧力センサーには異常はなかったので、ブレーキエラーに起因し、圧力センサーの連鎖エラーが出たのではないかとのこと。ただ、最近燃費が悪くなっており、新しいトラブルが出てきそうて心配です。
まだ一度も交換していない吸気温センサーの劣化異常とか、ハブベアリングの摩耗なんかも気になるところです。

人間と同じで、歳を取ると寒い時期に不具合が出やすいみたいで、なんだか親近感のような気配に苦笑いの日々です。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。