So-net無料ブログ作成
検索選択

HONDA S660とsmart roadsterを比べてみた

比較.png

ホンダのS660の側面写真スマートロードスターの側面図を重ねてみた。
縮尺は正確に合わせていないが、だいたいこんな感じだと思う。

車名 smart roadster HONDA S660
全長 3430 3395
全幅 1615 1475
全高 1205 1180
ホイールベース 2360 2285
オーバーハング前 625 620
オーバーハング後 445 490
最低地上高 140 125
室内長 940 895
室内幅 1290 1215
室内高 990 1020
車両重量 830kg 830kg
排気量 698cc 658cc
最高出力 82ps/5250rpm 64ps/6000rpm
最大トルク 11.2kg・m/2250-4500rpm 10.6kg・m/2600rpm
燃費 18.4km/L 21.2km/L

S660は、FF車用の短いボンネットに収めるため縦方向に高いエンジンを立てたままミッドシップレイアウトに収め直しており、短めのホイールベースの影響もあって、室内スペースは狭くならざるを得ないようです。
また、ルーフは、クーペモデル後席のような形状をしており、頭上のスペースを広くとれないデザインとなっているようです。

スマートは、RR用に設計された、後輪軸上に傾けてコンパクトにエンジンが乗っており、またホイールベースも若干長めで、屋根のデザインも頭上スペースを最小限確保している。
さらに、狭いながらも前後にトランクを備えており、日常使いにも不便は少ない。

S660の目指すところが、もう少しだけ実用的だったら良かったのに

nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

アルトターボRSに試乗してきました。

IMG_20150418_115338.jpg


アルトターボRSに試乗してきました。

スマートから乗り換えるなら、アルトターボRSはアリです。
座面の高さやアイポイントなど、乗り味は、フォーツーに似ていると感じました。
パドルシフトを備えており、シートヒーターも標準装備。ボディーのしっかり感もスマートに劣っていません。

ドアの閉まる音、軽いですが、しっかり感が伝わってきます。
評判のイイとは言えないAGS(オートギアシフト)は、スマートに比べて、まったく違和感ありません。
シフトチェンジクラッチ作動時にトルクが抜ける感じはありますが、ギアが変わってクラッチがつながってから、パワー不足で重たがるそぶりなく、スムーズに加速します。うまい具合にシフトチェンジし加速へとつながります。
シフトの癖は、数日で慣れるでしょうし、スマート乗りであれば、まったく問題ないレベルです。

欠点は、シフトレバーがダッシュパネルにあること。でレバーがゲート式でなく、ボタン式で操作しにくいこと。

パドルシフトは装備されてますが、コーナーリング中のシフトチェンジは、シフトレバーを使いたいことが多々ありますが、そのような状況で操作をすることを想定したシフトレバーではありません。

あと、内装が安っぽい。値段相応なのでしょうが、もうちょっと安いなりにプレミアム感の演出があると嬉しいです。

全体的に軽くてしっかり感のある作りは、スマートに通じる部分が多いように思いました。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

ホンダS660を観てきました。

スマートロードスターと似ているホンダS660。
とても気になっていたので、近くのショールームで観てきました。
で、身長が180cm級だと狭くてシートに体を収めることは難しいことが判明しました。

買い替え候補でもあったのですが、残念ながら小さく狭い。運転席はタイトではなく、とにかく窮屈です。
選ぶクルマでなく、乗る人を選ぶクルマでした。

胴長短足の私の場合は、頭が後方フレームの雨樋部分のゴムパッキンに当たってしまい、その奥の天井が一段低い位置にあるヘッドレストに頭を収めるには首を傾けるしかないのです。

ソフトトップを外した状態でこうなのですから、トップを装着すると側面フレームが視界に入り、閉じ込められ感が増すと思われます。

胴長短足の私でさえ、シートを後方にいっぱいに下げた状態で、足元はやや窮屈でぎりぎりです。
シートをいっぱいに下げると、背もたれは、起きた状態で角度の調整はできなくなります。
理想のドライビングポジションを取ることは難しいでしょう。

180cm級で座高が短い人で、仮に頭が収まったとしても、その場合は足元がかなり窮屈になると思います。

サイズ的にはスマートロードスターとほとんど違わないのですが、ほんの数センチだけ全てが小さい。
で、座面のクッションがなぜだか厚くなっており、ややヒップポイントが高くなるようです。
前方視界も窮屈で、信号待ちで信号機が見えないことが多くなると思います。

シートの背もたれの長さも室内高も同じくらいなのですが、フロア面からの座面までの高さが、S660が高くなっている分だけ、結果的に座面から天井までの高さが低いようです。
寸法差は、ほんの数センチなのですが、総合するとダメになってしまっているようです。

S660はホンダの若い技術者集団が開発に携わったと聞いてますが、その集団に長身の人(っていっても180cmなんですが)っていなかったのでしょうか。

スマートロードスターの寸法
150418-162038.jpg


S660の寸法
dimensions.jpg



また、シートヒーターの設定もないようです。残念ながら買い替え候補のリストから外れました。

それから、ドアの閉まる音、重厚感があるのですが、これ、本当に重いドアなんだと思います。
軽くてしっかりしているのではなく、頑丈に重く造ってあるんでしょう。
この音も私はマイナス評価です。

マイナーチェンジでここらへんが改善されることを望みます。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。