So-net無料ブログ作成
検索選択

ドアミラー樹脂部をアドカラーで塗りました。

141129-111503.jpg
スマートの外装にいくつかの樹脂パーツが使われてますが、なぜかドアミラーだけが、白く劣化してしまっていました。

気にはなっていましたが、欧州車らしくもあり、また、乗り続けている歴史を刻んでいるようでもあったので、特になにもしていなかったのですが、流石に白くなりすぎでみっともない。かといって費用をかけるのももったいない。

ということで、色褪せした本革ステアリングの塗装用に買っていたアドカラーで塗ってみました。
樹脂部を洗剤を使って水洗いし、湿ったままのところに、硬く絞ったタオルハゲ代わりに少しづつ塗り伸ばしてみました。
若干の塗りムラはありますが、色合いは、かなり自然に仕上がりました。
付け根付近に塗り残しが・・・。ま、いいか。
アドカラーチューブ クロ

アドカラーチューブ クロ

  • 出版社/メーカー: コロンブス
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品



アドベース チューブ

アドベース チューブ

  • 出版社/メーカー: コロンブス
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品












バッテリ交換のはずが・・・。

弱ったバッテリに再生充電を試してみたものの、効果が実感出来ず、いよいよ冬がやってくるし、寿命が近いと思われるので、やっぱり交換しておこうと新品バッテリを用意しました。

141123-091707.jpg


2週間前に新バッテリは届きましたが、現在のバッテリをしっかり寿命まで使い切ろうと、電力消費が大きいシートヒータを、負荷を心配しすることなくバンバン使ってみたり、エンジン回転を高めにして充電を意識することは止めて、エコドライブに戻して見たりしたのですが、なかなか寿命がやってこない。

それどころか、冷え込んだ朝でも不安無くエンジンが掛かる。
ワイパーが遅くなるでもなく、ヘッドライトが暗くなるでもない。ラジオにノイズが混じる気がするが、どうやら、バッテリに関係ない、ヒルスタートアシストからの定番ノイズのようです。
なかなか兆しのない現バッテリ寿命を待っていては、交換時期を逃してしまいそうなので、交換をすることにした。

141123-091514.jpg


ところが、ボンネットを開け、トランクを外し、現バッテリを見ると、驚いたことにインジケータが良好を示している。予想もしていなかった結果にびっくり! です。

バッテリ再生の効果があったのでしょうか???
交換は取り止め、しばらく様子を見ることにしました。

CTEK充電器 RECONDモード

141101-083107.jpg
CTEKでの充電で始動時の不安は減ったものの、バッテリの状態を示すインジケータは充電不足の表示のまま。

走行中に時折感じるパワステのアシスト力不足は、もしかすると電源が原因なのかも・・・

バッテリ交換は避けられないようですが、もう一足掻きにCTEKのリコンディションモードを試してみることにしました。

RECOND(リコンディション)モードは、15.8Vの高めの電圧で充電することで電解質を整え直すらしいので
、高電圧による電子機器への悪影響を考え、念のためバッテリコードを外してRECONDモード充電を行いました。
結果は如何に






メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。