So-net無料ブログ作成

新型スマートフォーツーに乗ってみて

DSC_0467.JPG

スマートロードスターのワイパーからの異音は、ワイパーモーターの劣化でした。ワイパーの機械部分を新品に取り替えてもらいました。

その修理期間中の4〜5日の間、代車の新型スマートを普段づかいで乗ってみた感想です。

DSC_0462.JPG
DSC_0463.JPG

ヘッドライトとワイパーは、オートに設定していたのですが、どちらも感度が悪いです。

小雨まじりのワイパーを間欠で作動させるような天気。すれ違うベンツを始め、BMWやワーゲンがヘッドライトを点灯しているのに、新型スマートのライトは点きませんでした。
小さくて見逃されやすいクルマなのですから、ライトは積極的に点いて欲しいです。

ワイパーレバーは間欠位置がオートワイパーなのですが、オートなのに間欠の感度を4段階から選ぶ必要があり、そのどれを選んでも思ったような動きをしてくれません。
なかなか作動せず雨粒がガラスを埋め尽くす頃に3〜5回連続で動いてみたりして、これなら、普通の間欠のほうが使いやすいです。

00030002.JPG
DSC_0458.JPG

シフトレバー横のスイッチで「E」と「S」のドライブモードが選べます。
「E」モードは、かなりゆったりした加速感ですが、フォーツーのキャラクターに合ってる感じがします。
殆ど、速度リミット設定と「E」モードの組み合わせで乗ってましたが、とても楽ちんでした。

期間中に一度だけ前方衝突警報音が鳴りました。
前方のクルマが左折で減速し、車間距離が狭まる状況でした。私は、アクセルペダルを離し、ブレーキペダルを踏む準備して、惰性走行で前方のクルマの様子をみていたのですが、センサーは接近しすぎで危険と判断したようです。
自動ブレーキに比べればショボい機能ですが、うっかりヨソ見している状況であれば、効果があったと思います。

DSC_0455.JPG
DSC_0459.JPG

シフトレバーを左に倒してマニュアルシフトにするとドライブモードは強制的に「s」に切り替わります。
ハリキッてシフトチェンジをしようとするせいなのか、変速動作はスムーズさに欠け、シフトショックは大きく感じます。

DSC_0465.JPG

アイドリングストップは、完全に停車して数秒の間をおいてエンジンが停止します。前モデルでは、停車前の減速中にエンジンが止まっていたと思います。

ブレーキペダルを離すと、エンジンが始動するのですが、ブルンと掛かって直ぐにアクセルを踏み込むとギクシャクするので、アイドリングが安定する1〜2秒間を見越して、信号が青に変わる数秒前にブレーキペダルを離してみるのですが、タイミングが早すぎるとクリープが効いてアクセルを踏み込む前に ゆっくりと走り出してしまいます。
それと、気温が下がるとメーター内に雪のマークが表示されます。そうなるとアイドリングストップは働かないようです。

さて、新型スマートに買い換えたいか?
ん〜。超小回りの効くハンドル操作はとても楽しいのですが、らしさが薄れたので、答えは保留です。
多少不便でも、未来感や開放感を備えてほしいです。今後のモデルチェンジに期待です。
しばらくは、ロードスターで頑張りたいと思います。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。